横浜市の徳田病院様が、当社のチェアを採用してくださり、10月から12月にかけまして、
透析用チェア(M11T)を大量導入していただきました。

このチェアは、当社の既存の製品を、お客様のご注文に合わせて大幅にカスタマイズしたものです。

このように、
当社ではお客様のご要望を最大限に取り入れた製品作りをおこなっておりますので、
どなたでもぜひご相談お待ちしております。

企画開発室より(2)~自分用のリクライニングチェア~

企画室のFです。

本業の合間にこつこつと進めてきたリクライニングチェアが完成いたしました。

以前より自宅でくつろげる椅子が欲しかったのですが、

ソファーでは大きすぎるし、
座椅子では満足できない・・・・・。

そこで、「座りたいと思う椅子」を自分で作ろう!と思ったのです。
この椅子は、

椅子に乗ったまま動くこともできますので、
ひとりでゆっくりくつろぐことも、そのまま移動して家族の団欒に加わることもできちゃいます。

しかもリクライニングすると、背中の形状に合わせて背当てと座のポジションも変わるので、
快適ったらありゃしないです。

このような椅子は最近売れているようなので、
改良を加えていずれは製品として売り出せるかも!なんて考えたりもしています。

乗り物用の椅子はいろいろな年齢層の方が座ります。
病院の、治療で使用される椅子もまた同様です。

「いろいろ」というのはもちろん年齢や、性別のことが含まれますが、
椅子で「寝る」方の事も考えなければなりません。

例えば透析治療を受けておられる方は、座っているときもあれば、
寝ているときもあります。

患者さんは長時間椅子の上ですごさなければならないので、
それが苦痛をともなうようでは困ります。

私たちはいつもそのことを念頭において
どんな姿勢でいても快適でいられるような椅子の開発を日々
行っています。
簡単ではありませんが、
苦闘の報酬は座る方の笑顔だと思っています。

2015年6月26日(金)~28日(日)の3日間にて開催されました
「第60回日本透析医学会学術集会・総会」にて併設されました企業展示会では
ご多忙中にもかかわらず、ニューテンサンの企業展示ブースへご来場賜り、厚くお礼申しあげます。 

当社製品に多くのお客様よりご反響を頂きました。
弊社では、今後も引き続き、皆様のご指導をいただき、お客様のニーズに合った商品を開発してまいります。

 

「第60回日本透析医学会学術集会・総会」が開催されます。
ニューテンサンは、併設する企業展示会に透析用チェアB-113を展示いたします。
実際に座り心地など体験していただけますので、是非当ブースにお越しください。
会期 : 平成27年6月26日(金)~28日(日)
展示会場 : パシフィコ横浜・展示ホール
大会HP : http://www2.convention.co.jp/60jsdt/
住所 : 〒220-0012 横浜市西区みなとみらい1-1-1
ブース : No.76
出展製品 : B-113 電動1モーター式透析チェア(ベッドタイプ)
リニューアルB-113 リニューアルB-113アームの改良

 

B-113型」納品完了
株式会社ニューテンサンは名古屋市内のクリニック様より一括受注頂きました「B-113型」を
2015年3月29日に納品完了しました。
メディカルチェア「B-113型」は 透析治療は基より化学療法時にもご利用頂けるチェアベッドでございます。通常のベッドよりもコンパクトな設計となっておりますが長時間のご使用でも疲れにくいクッション形状と
なっております。 

当社は今後とも、これまで取り組んできた数々の経験と技術力をベースに、ご利用頂けるすべての方に
配慮したチェアベッドを提供していきます。

【お問い合わせ先】
株式会社 ニューテンサン 担当:原
メール:お問い合わせフォームをご利用ください
TEL:058-379-4521  FAX:058-370-7486
B-113

メディカルチェア「B-113型」を受注

当社は、名古屋市内のクリニック様よりメディカルチェア30台を一括受注し、2015年3月に納入する予定です。

今回受注頂きました製品は「B-113型」で、従来のベッドタイプのゆったりとした快適さを保ちながら電動で背当てが可動するメディカルチェアです。
ご使用になられる方が疲れない様に座り心地も大切にした製品となっており、ベッドタイプのゆったりとした安定感が評価され受注に至りました。
今後も40年余のモノづくりから得たノウハウを製造に取り込み、よりお客様に安心してご利用いただける製品を提案してまいります。

pagetop