• HOME >
  • ニュースリリース >
  • 新着情報

新着情報

バスのシートを張り替える。(2)
こんにちは。
張替職場係のKです。

私たちの張替職場には、長年の務めを果たしてきたバスのシートがこの時期たくさん入ってきます。

がんばって活躍してきた座席は骨格(鉄部品)こそ壊れていないものの、肉(クッション部分)はかなり
やせ細っています。 
ですから、このまま新しい衣服(上張り)をつけても貧弱で、きれいな身なりにはなりません。

そこでこのクッション部分をなるべく最初の状態にもどす必要があるのです。
詳しくは言えませんが、座席ひとつひとつ、ちゃんとクッションを修繕してから、新しい衣服をつけることで、
またバスに乗るお客さんに快適にすわっていただけるようになるのです。

かなり骨がおれますが、また元通りの体つきになったシートが出荷されていくのを見るのは
大きな喜びです。

そしてまたいろいろな場所へお客さんを運んでいってほしいと思っています。

新しい病院へ~MX1000型チェア納入~
こんにちは。
メディカル係 営業担当Nです。

先日、栃木の病院にて、 透析チェア(MX1000型)の納入がありました。
昔から当社のチェアを使ってくださっている病院が、新しい病棟に合わせて、
私共の電動チェアを採用してくださいました。

真新しいフロアにチェアが並んでゆくのをみると、毎回のことですが、
本当に感激してしまいます。

既存のチェアのように末永くお役にたてますように。


横浜市徳田病院様向け透析チェア 

12月に納入させていただきました。
詳しくはメディカルチェアサイトにて。

企画開発室より(2)~自分用のリクライニングチェア~

企画室のFです。
本業の合間にこつこつと進めてきたリクライニングチェアが完成いたしました。
以前より自宅でくつろげる椅子が欲しかったのですが、
ソファーでは大きすぎるし、
座椅子では満足できない・・・・・。
そこで、「座りたいと思う椅子」を自分で作ろう!と思ったのです。
この椅子は、
椅子に乗ったまま動くこともできますので、
ひとりでゆっくりくつろぐことも、そのまま移動して家族の団欒に加わることもできちゃいます。
しかもリクライニングすると、背中の形状に合わせて背当てと座のポジションも変わるので、
快適ったらありゃしないです。
このような椅子は最近売れているようなので、
改良を加えていずれは製品として売り出せるかも!なんて考えたりもしています。
静岡における産業廃棄物収集運搬業の許可を取得いたしました。

株式会社ニューテンサンは、平成27年7月28日、静岡における産業廃棄物収集運搬業としての許可証を取得いたしました。

これからもお客様に信頼される企業として邁進してまいります。

ニューテンサンは「ISO14001」認証取得企業です。
株式会社ニューテンサンは、国際的な環境マネジメントシステム規格「ISO14001」を平成27年9月3日に取得いたしました。

私たちはこれを機に、「地球環境の保全に貢献する」事業活動に今まで以上に魂を傾け、環境方針の基本理念及び
基本方針順守に努め、さらに信頼され、皆様のお役にたてる企業づくりを目指してまいります。

そしてマネジメントシステムの継続的な改善にも全社員で取り組んでまいります。

バスのシートを張り替える。(1)
こんにちは。
張替職場係のHです。
みなさんが日々通勤や、観光旅行に使っておられる
バスのシート(背当てや、クッションの部分の事です。)は、
定期的に新しいものに張替えられています。
私たちの職場ではそれを行っています。
でも、ただ布を張り替えるだけではないんです。
シートについている、手掛けや、コップ受けや、脚を載せる
部分や、その他すべてのものをきれいに清掃しても
いるのです。
塗装のはげた部分は塗り直してもいるんです。
そうやってきれいになったシートが、また皆さんに使ってもらい、
そしてしばらくして、また張替えのためにこちらに戻ってきます。
そんな時は
「よく働いたね、お帰り。」と話しかけたくなるほどです。
毎日忙しいですが、
とてもやりがいのある仕事なんです。

新卒採用情報を更新しました

詳細につきましては
弊社ホームページ内「採用情報」をご確認ください。

≫「採用情報」

乗り物用の椅子はいろいろな年齢層の方が座ります。
病院の、治療で使用される椅子もまた同様です。

「いろいろ」というのはもちろん年齢や、性別のことが含まれますが、
椅子で「寝る」方の事も考えなければなりません。

例えば透析治療を受けておられる方は、座っているときもあれば、
寝ているときもあります。

患者さんは長時間椅子の上ですごさなければならないので、
それが苦痛をともなうようでは困ります。

私たちはいつもそのことを念頭において
どんな姿勢でいても快適でいられるような椅子の開発を日々
行っています。
簡単ではありませんが、
苦闘の報酬は座る方の笑顔だと思っています。

2015年6月26日(金)~28日(日)の3日間にて開催されました
「第60回日本透析医学会学術集会・総会」にて併設されました企業展示会では
ご多忙中にもかかわらず、弊社の企業展示ブースへご来場賜り、厚くお礼申しあげます。 

当社製品に多くのお客様よりご反響を頂きました。
弊社では、今後も引き続き、皆様のご指導をいただき、お客様のニーズに合った商品を開発してまいります。

 

2 / 41234